おうち時間を無限に楽しめる「ウォーハンマー」とは?その魅力を解説!

ゲーム関連情報
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

最近は自宅にいる時間も多く「おうち時間」でいろいろなことにチャレンジしている人も多いのではないでしょうか。
読書や映画鑑賞、ドラマの一気見、ゲーム、プラモデル制作…おうちで楽しめるコンテンツはたくさんありますが、その中でも私の一押しは「ウォーハンマー」です。
今回は「ウォーハンマー」とは何か?気になるその魅力を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームや小説、ミニチュアモデルといったあらゆる楽しみ方のある世界

きっと「ウォーハンマー」という名前を聞いたことのある人は

「あの高いプラモデルで遊ぶゲームでしょ」

と思うかもしれません。

そうでない人でも

「マニアックでオタク向け」

って思われているでしょう。

でも実は違うんです。

デジタルゲームで遊ぶ「ウォーハンマー」の世界

PS4向けのゲームとして、2つの作品が発売されています。

どちらもゲームとしての面白さは抜群です!

ウォーハンマー:Inquisitor(SF系)

Warhammer 40K: Inquisitor – Martyr | Release Trailer

ウォーハンマー:Chaosbane(ダークファンタジー系)

『ウォーハンマー:Chaosbane』トレーラー

以上の2種類がPS4で発売されています。

特にハクスラアクション」のようなジャンルが好きで、ダークファンタジーやSFの世界観で暴れたい人には「ウォーハンマー」を知らなくてもおすすめできるゲームです。

小説で読む「ウォーハンマー」の世界

「ウォーハンマー」は小説としても、たくさん単行本が出版されています。

最近出版されたオススメの単行本はコチラの2点

クルセイド―孤軍の聖戦(SF系)


クルセイド―孤軍の聖戦 (BLACK LIBRARY)

ソウル・ウォーズ〈上〉(ダークファンタジー系)


ソウル・ウォーズ〈上〉 (BLACK LIBRARY)

これら以外にもウォーハンマーの世界で起こるさまざまな出来事を物語にした本があるため、単純に読み物として楽しめます。

じっくり本を読むのが好きな人は、まずこちらから物語を楽しんでもらいたいですね!

ミニチュアモデルを集めて遊ぶ「ウォーハンマー」

最後に紹介するのがミニチュアモデルとして展開しているウォーハンマーです。

数えきれないくらいたくさんの商品が発売されており、毎月新製品が次々と発表されます。

ミニチュアモデルを購入してウォーハンマーの世界に魅力を感じるためには、以下の方法があります。

  • 気に入ったミニチュアを買ってみる(2000円くらいから)
  • 安価なスターターセットを買って始めてみる(5000円〜6000円)
  • 世界観や資料集のついた、豪華なスターターセットを買う(約20000円)

予算に合わせて選ぶのも良いと思いますが、ウォーハンマーのミニチュア製品の特徴として
「まとめて買うとかなりお得になる」場合があります。

まとめ買いがお得なスターターセット


Games Workshop ウォーハンマー 40,000 キルチーム スターターセット


AGE OF SIGMAR: TEMPEST OF SOULS (JPN)

先ほど紹介した豪華なスターターになりますが、これらの中身を単品で揃えた場合は倍ほどの値段になります。
なので、もし「新しくどっぷりハマれる趣味が欲しい!という方は、なるべく一気に揃えたほうがお得です!

逆に「自分に合うかはわからないけどやってみたい」という場合は、予算内で始められそうなものにしていいと思います。

ちなみに、ミニチュアを買っただけでは色を塗ることができないので塗料は別途必要です。


ウォーハンマー40,000 スペースマリーンヒーローズ シリーズ3 ベーシックペイントセット

基本的に使う色を一通り揃えやすくなっていますので、最初はこちらも一緒に買うことをおすすめします。

スポンサーリンク

ウォーハンマーの世界は大きく分けて2種類

一言でウォーハンマーと言っても、2種類の世界があります。

SFをテーマにした「40,000(40k)」と、ダークファンタジーの「エイジオブシグマー(AoS)」です。

メカや軍隊、宇宙が好きなら40,000(40k)

Warhammer 40,000 The New Edition Cinematic Trailer

ウォーハンマー40,000は40k(フォーティーケー)とも呼ばれ、遠い未来の銀河を舞台に帝国と混沌の軍勢が争う、SFの世界です。

メカメカしいフォルムのアーマーに身を包み、銃をぶっぱなして戦うシーンが大好きな人はきっと気に入るはず。
お互いの勢力も一枚岩ではなく、いくつもの思想をもった軍隊がぶつかり合う世界にどっぷりハマりたい人におすすめ!

スターウォーズやスタートレック、エイリアンや猿の惑星といった映画が好きな人にぴったりかもしれません。

剣と魔法のファンタジーが好みならエイジオブシグマー(AoS)

Warhammer Age of Sigmar – Official trailer

ウォーハンマーエイジオブシグマーはAoSと略されることの多い、ダークファンタジーを題材にした世界です。

ダークファンタジーということもあり、明るく希望のある世界ではなく、それぞれの種族が自分たちの繁栄のため血みどろになりながら戦いを繰り広げる世界となっています。

「ロードオブザリング」「ファンタスティックビースト」といった映画に似ていますが、私が一番近いなと感じるのはゲームのダークソウルやブラッドボーンです。

禍々しい獣や超大な魔物、奇跡の魔法などがお好きならおすすめです。

スポンサーリンク

先入観をなくして、自分なりのウォーハンマーを楽しもう!

正直なところ、ウォーハンマーと聞くと難しそうなイメージやマニアックな世界だと思われがちな部分があるかと思います。
しかし、SFやダークファンタジーが好きな方なら必ずのめり込めるポイントがあるのも事実なんです。

その証拠にウォーハンマーは40年以上も続いており、世界的に楽しんでいるファンがいます。

そして、どのジャンルから入っても、きっと他のジャンルも気になるはず。

  • 小説を読んで面白かったけど、気に入ったキャラクターのミニチュアが欲しい
  • ゲームを始めたけど、もっと知りたいから小説や資料集が読みたい
  • ミニチュアで作っているこのキャラクターはどんな過去を持っているのか調べよう

こんな感じで無限に広がります。

これが、おうち時間を無限に楽しめる世界「ウォーハンマー」です。

ぜひ自分の趣味趣向と予算に合わせて、楽しんでみてください!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム関連情報
タイトルとURLをコピーしました