奇妙でシュールな「Mitoza(ミトザ)」の世界を体験しよう

スマホアプリゲーム攻略まとめ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

スマホで遊べるゲームの中には、意欲的な作品も多くあります。
今回ご紹介させていただくのは、そんな意欲的なゲームのひとつ「Mitoza(ミトザ)」です。
公式で「これはゲームではありません。おもちゃです。」と書かれている「Mitoza」。
当記事では、そんな「Mitoza」の不思議な世界観を少しでも皆さんにお伝えできればと思います。

※注意・・・こちらの記事には、人によっては嫌悪感を催す画像が添付されております。ご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Mitoza(ミトザ)ってどんなゲーム?

「Mitoza」はGal Mamalyaが開発した、2つの選択肢から1つを選び、種をどんどん育てていくアドベンチャーゲームです。アクション要素や謎解き要素はありません。プレイヤーにできることは、選択肢を選び、その顛末を見届けることだけとなっています。

価格:無料(iOS・Android)

Mitoza

Mitoza

Second Maze無料posted withアプリーチ

シュールな絵面と展開を楽しむゲームなので、一人で遊ぶよりは、複数人でワイワイ楽しむのに向いています。

膨大な選択肢

Mitozaには、全72通りの選択肢が用意されています。選択肢は多めですが、全て違う展開を迎えますので、新しい選択肢を選ぶたびに新たな発見が得られます。

72通りの選択肢を全て埋めると、ささやかなサプライズが待っています。すでに見たアニメーションはスキップすることが可能ですので、全て埋めるのはさほど苦ではありません。ぜひコンプリートしてみましょう。

シュールな展開が笑える

ゲームに登場するアイテムは、とってもリアルな見た目ですが、その動きは非常にシュール。選択肢のアイコンである程度はどう変化するか分かりますが、大抵は想像の遥か斜め上をいく結果になることでしょう。終盤には「ええっ!?」「そうはならんやろ」と思わずツッコミを入れたくなってしまうほど奇妙な展開になります。

ナスが歩き出したり、ゾウが空を飛んだり、ニンジンが地面から大量に生えてきたりと、シュールでカオスな展開に思わず笑ってしまうこと間違いなし!

ちょっとグロテスクな展開も…

血しぶきや人の死ぬシーンなどはありませんが、肉塊、ハエ、クモなど、人によっては嫌悪感を催すものも頻繁に登場します。特に虫は多くの選択肢で登場しますので、苦手なかたはご注意ください。とはいえ、ホラーゲームではないので、おどかしたり、本気で怖がらせようとするギミックはないのでご安心を。

ちょっとグロテスクなゲームですが、ハマる人にはハマる独特の世界観となっています。

無理矢理にでも種に戻るオチ

最終的には、どのルートに進んだとしても必ず種へと戻ります。

種に戻る選択肢はさらなるカオスっぷりを見ることができます。まさに「収拾がつかなくなってきたから強制に種に戻す」かのような展開で、シュールさに思わず笑ってしまうかもしれません。なかには、「まだ続くと思っていたら種に戻ってしまった」なんてことがあるかも。

どんなオチが待っているか、友達や家族で予想しながら遊ぶのも面白そうです。

スポンサーリンク

不思議な「Mitoza」の世界を楽しもう!

ゲームというより映像作品や芸術作品のような「Mitoza」。実はこちらの作品、2012年にFlashゲームの1つとして産み出されたゲームなんです。Flashは2021年1月12日に利用できなくなってしまいましたが、今後もスマホで遊ぶことができます。

Flashゲーム時代から愛され続けるシュールなゲーム「Mitoza」。一風変わったゲームをお探しのかたは、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

Mitoza

Mitoza

Second Maze無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました