スポンサーリンク

「マリオカートツアー」対戦できる?やってみた感想。残念な点と良かった点。

スポンサーリンク
ゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
ひで氏

当サイト管理人。
モンストのリアルを届ける「モンスト民の唄」を中心に
おすすめスマホゲームの紹介・攻略・情報・まとめ記事を更新。
その他のオススメアプリ紹介。
e-スポーツ情報、人生の為になる雑記も更新中。

ひで氏をフォローする
スポンサーリンク

「マリオカートツアー」

2019年9月25日任天堂の人気ゲーム「マリオカート」がスマホアプリで登場!

初登場のスーパーファミコン時代から爆発的な人気を集めたゲームが、ついにスマホアプリに来た事でユーザーの注目度は高いはずです。

もちろん私もその1人という事で、色々調べるより先に実際に丸1日やってみて皆さんに素直な感想を届けようと思いました。

「マリオカートツアー」やってみて残念だった点

まず、実際にやってみて残念だと思った点として、

  • なんだかんだガチャゲー
  • 操作しづらい
  • 慣れるまで酔う
  • 縦画面

といった感想をもちました。

ガチャゲー

キャラクターにはそれぞれスキルが付いていて、育成要素もありキャラクターが成長していく事でそのスキルもグレードアップしていきます。

スキルの効果として、アイテムがより多く取れる得意コースなどの効果があり、コースに使用するキャラクターによってコース難易度も変わってくるのではと思います。

ゲーム内のシナリオクリアだけならば、個人の腕で少しはカバー出来るとは思いますがキャラクター育成も考えるのであればシナリオを進めていくうえで、どのキャラクターを使うかは重要なポイントになります。

そして、上位レアなキャラクターはガチャで獲得する必要がある為、結果的にガチャゲーでよくあるリセマラユーザーが溢れるのは目にみえています。

今はまだ実装されていませんが、マルチモード(恐らく対戦モード)が始まる頃には誰もが皆、同じキャラクターを使っているなんて事も十分ありえそうです。

操作しづらい・慣れるまで酔う・縦画面

スマホ版のマリオカートという事である程度の予想はしていましたが、やはり操作しづらいというのが率直な感想です。

アクセルは自動の為、操作する必要がないのですが左右に曲がる時のハンドル操作は画面をフリックする事で操作を行い、フリック幅によってカーブの角度を調整する事になります。

薄く角度の矢印が表示されているもののフリックの感度が敏感な為、慣れるまでは蛇行運転になりやすく、個人差があるとは思いますがしばらくは多少酔ってしまう事も珍しくないと思います。

また、アイテムを使う時は画面をタップする必要があるのですが、ゲーム画面が縦画面の為ハンドル操作をしつつアイテムを使うという操作はとても操作しづらいと思います。

といった以上が実際にやってみて思った残念な感想となります。

ゲーム考察
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひで氏をフォローする
スポンサーリンク
hideblog@D-Style
タイトルとURLをコピーしました