スポンサーリンク

【荒野行動】使える小技テクニック「射線を切る」

荒野行動攻略関連記事
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
Hide

【自己紹介】
こんにちは!管理人のHideといいます。

eスポーツチーム"D-Style"の代表をやりつつ、当ブログ管理人とゲーム攻略ライターをやっています。

簡単に当ブログの説明をしておきます!
当ブログ”hideblog"は基本的にゲーム関連の記事がメインのブログとなってます。
「モンスト・荒野行動」の攻略情報やイベント解説。
その他のゲームの紹介や攻略・レトロゲーム関連記事などを更新しています。
ブログ更新情報などは、Twitterでお知らせしていますので気軽にフォローをよろしくお願いします!

Hideをフォローする
スポンサーリンク

このページでは【荒野行動】バトルで使える小技テクニックの1つ「射線を切る」というテクニックについての解説をしています!

【PUBG】をプレイされてる方でも活用出来るので、是非参考にしてみて下さい!

覚えておくべきテクニックなので。しっかり身につけライバルに差をつけましょう!

【荒野行動】攻略情報・総合まとめTOPページ
スポンサーリンク

【荒野行動】使える小技テクニック「射線を切る」

射線とは?

荒野行動でよく耳にする『射線』とは?

射線とは、”射撃の線(ライン)”の事を意味します。

荒野行動のマップでは、山や丘、建物などマップ内に沢山の高低差や障害物が存在し、見通しが悪い場所が多いため射撃の線が常に一直線になるということはありません。

しかし、一直線にならなければ敵を確認することや射撃時に弾を命中させることも出来ないのできません。

なので、常に射線を意識したポジショニングや移動が必要となり、時には射線を切る事も重要になってきます。

射線を切るとは?

では次に”射線を切る”という事についての説明をしていきます。

先ほど説明したように射線とは射撃の線(ライン)になります。

その射線を切るということなので障害物に隠れる事などを想像しがちですが、それはそれで間違いではありません。

しかし、荒野行動では他にも射線を切る方法が存在します。

それが、マップの高低差を利用した射線の切り方です。

マップ上の山や丘などの高低差を利用するだけで射線を切ることが可能となります。

場所によっては、伏せたり中腰になったりするだけで射線を切ることも出来ます。

射線を切るメリットは?

では、なぜ射線を切る必要があるのか?

射線を切るメリットについて説明していきます。

まず一つ目のメリットとして、敵とバトル中に射線を切ることで敵から射撃されても弾が当たらないという事。

もちろん、こちら側の射撃も当てる事はできませんが回復をする時には必ず射線を切りましょう。

そして二つ目のメリットとして、敵のスキを探ることが出来る事。

射線を切っていても視点を動かすことで切れたはずの景色をある程度観察する事が可能です。

あくまで視点を動かしているだけなので射撃することは出来ません。

しかし、敵の位置や動き動きを一方的に確認する事ができるので射線を切りつつ敵のスキをうかがいましょう。

タイトルとURLをコピーしました