【荒野行動】”シルバニア”屋根の登り方!細かく手順ごとに解説!

荒野行動攻略関連記事
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Hide

【自己紹介】

こんにちは。当ブログ管理人のひでまると申します。
eスポーツチーム"D-Style"の代表をやりつつ、当ブログ管理人とゲーム攻略ライターをやっています。

【hideblog概要】

簡単に当ブログの説明をしておきます!
当ブログ”hideblog"は基本的にゲーム関連の記事がメインのブログとなってます。
スマホアプリゲームの攻略情報の解説やレトロゲーム関連記事などを随時更新中です。
また、「ゲームで稼ぐ」をテーマとして、初心者向けにゲームで稼ぐためのノウハウについての記事も更新しています。
更新情報などはTwitterでお知らせしていますので、気軽にフォローしてくださいね!

【お知らせ】

・SEOライティング
・記事の添削、リライト
・ブログ初心者向けの収益化コンサル

といったお仕事のご依頼もお受けしています。
ご希望の方は、お気軽に問い合わせフォームまでよろしくお願いいたします。

Hideをフォローする

このページでは、荒野行動に存在する建物”シルバニア”の屋根の登り方について、手順をおって解説しています。ぜひ参考にしバトルに活用してください!

”シルバニア”での立ち回りのコツについては、こちらのページで解説しています。

スポンサーリンク

”シルバニア”屋根上の登り方 手順解説!

シルバニア屋根の登り方 手順一覧

  1. 屋根上に行くには、この窓から
  2. ジャンプして窓淵へ
  3. 体の半分以上を外へ
  4. 立ち上がり正面へジャンプ
  5. 屋根上の強ポジを確保

【手順①】屋根上に行くには、この窓から!

シルバニアには沢山の窓がありますが、チェックする窓は1つ。

2階への階段を上って、最初に見える窓が屋根上に登ることができるルートの窓となります。

【手順②】ジャンプして窓縁へ

慣れるまでは手こずるポイントの1つと言えるのが、この窓縁へのジャンプ。

距離感さえつかめばスムーズに出来るようになるので、慣れるまで何度も繰り返しコツをつかみましょう。

【手順③】体の半分以上を外へ

落ちる事なく無事に窓縁に乗ることが出来たら、中腰の姿勢で少しずつ外へ向かって移動し、体の半分以上を外に出します。

行き過ぎると下に落ちてしまうので、慣れるまでは少しずつ移動しましょう。

体が半分以上外に出たら、左方向に向きを変えます。

【手順④】立ち上がり正面へジャンプ

左方向に方向転換したら、立ち上がり正面に見える屋根へ向かって真っ直ぐジャンプしましょう。

【手順⑤】屋根上の強ポジ確保

下に落ちる事なく、正面の屋根に無事飛び移れれば完了となります。

スポンサーリンク

動画】上級者向け屋根の登り方紹介

今回紹介した屋根の登り方以外にも、スピーディに屋根に登る方法が存在します。

難易度は多少高めになりますが、登り方については今回解説した登り方を含めて、下の動画で紹介していますので、ぜひチャレンジしてみてください!

【初心者向け】荒野行動 屋根の登り方 【シルバニア編】

まとめ

シルバニアの屋根上は、いろんな角度からの射線が切りやすい強スポとなってます。

屋根上への移動は、最初のうちは手こずるかもしれませんが、慣れれば案外スンナリ出来るようになります。

シルバニアはマップ内に多く存在していることもあり、屋根上を上手く利用できれば戦いを有利に進める事へとつながっていきます。練習を重ね、是非マスターしておきましょう。


現役ゲーム攻略ライターが選ぶ!2021最新おすすめスマホアプリゲームBEST3!
コード:ドラゴンブラッド
ドラブラ

【おすすめポイント!】
・圧倒的なグラフィック。
・世界中を舞台とした人気MMORPG。
・誰でもできる簡単操作のゲームシステム。
・ボリューム満点の豊富なコンテンツ。
・ゲーム内でもう一つの人生をおくれる。

ブレイドエクスロード
ブレイドエクスロード

【おすすめポイント】
・豪華制作陣による本格的な大作RPG。
・美しいキャラクターグラフィックは一見の価値アリ。
・戦略とアクションの緊張感あふれる敵とのバトル。
・迫力のリアルタイムバトルは必見!

ドラゴン&ガールズ交響曲
ドラ&ガール

【おすすめポイント】
・誰でも楽しめる安心のフルオートバトルシステム。
・戦略を重視したパーティー編成や陣形。
・戦国系、三国志系、神話系など豪華な登場キャラ。
・ゆるい萌えキャラでまったりプレイ可能。

▼アプリをお探しの方はコチラをクリック▼

スポンサーリンク
荒野行動攻略関連記事
スポンサーリンク
Hideをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました