スポンサーリンク

【星ドラ攻略】天空装備がついに覚醒!超覚醒された天空のつるぎの性能を紹介

スマホアプリゲーム情報
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
担当のゲーム研究員

どうもyoshitoraです。
ゲームライターとして活動しています。
ゲームを通じて感じたことをできるだけわかりやすく伝え、皆様の役に立つことができれば幸いです。
「ここだけの話」をコンセプトに現役プレイヤーだからこその情報を提供できることを強みとしています。
どうかよろしくお願いいたします。

星ドラ(星のドラゴンクエスト)でついに天空装備が覚醒します!
今回は天空装備の覚醒と強化された天空のつるぎの性能について現役星ドラプレイヤーの筆者がわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

覚醒した天空装備防具一覧

覚醒した天空装備の防具について紹介します。
中には大幅に性能が向上している可能性を秘めているモノがあるかもしれません。
新規追加・変更された部分を主に紹介

天空の兜★

防具スキル「天空の翼」は戦闘開始時から攻撃力とすばやさのバフを1段階上昇する効果を持ちます。
天空の刻印」は、ブレスダメージを20%軽減し、ちから+20の効果を持ちます。

天空の鎧上★

防具スキル「天空竜の守り」は、バギとドルマ属性ダメージを30%減少させてくれる効果を持ちます。
また炎ブレスダメージ軽減・中から「炎ブレスダメージ軽減・強」にランクアップして、最大で45%のダメージ軽減が可能

天空の鎧下★

防具スキル「天空竜の加護」は、1ターンに1度だけHPが満タンの時に受けるダメージを20%減少させてくれる効果を持ちます。
また氷ブレスダメージ軽減・中から「氷ブレスダメージ軽減・強」にランクアップして、最大で45%のダメージ軽減が可能

天空の盾★

天空竜の守護の極意とブレスダメージ軽減・弱より、いずれもランクアップした防具スキルで、「天空竜の守護の極意・強」は回復量が40増加し、「ブレスダメージ軽減・中」はブレスダメージ20%軽減してくれます。

上記で紹介したのは、あくまで覚醒したばかりの状態の天空防具スキルたちです。
プレイヤーの中には、覚醒したはずなのに防具スキルが「弱い」と感じる人もいるでしょう。
しかし、下記にて紹介する「天空の輝水」を使用してかがやき度を高めると、防具スキルが進化して、本当の意味で使い勝手の良い覚醒天空防具が完成するに至ります。

スポンサーリンク

超覚醒した天空のつるぎと性能について

上記で紹介した覚醒可能な天空防具と超覚醒に必要な天空のつるぎは「天空の輝水」を用いて研磨工房で使用することでパワーアップ!

天空のつるぎを超覚醒した時の性能

天空のつるぎを超覚醒させると「かがやき度ボーナス」に応じて性能が強化されます。
かがやき度ボーナスが100に達すると、攻撃力が1追加され、ギガクロスが「超ギガクロス」に変化。
超ギガクロス」はデインかヒャド属性のうち攻撃対象の敵により大きなダメージを与えられる属性で威力550%の攻撃し、それぞれ50%でデインとヒャド属性耐性を下げてくれます。(※スキルレベル最大時)
かがやき度ボーナスが一定に達するとスロット性能の変化やスキルが強力なものに変化し、天空のつるぎがより強化されていきます。

注目性能:黄金竜化・天空

黄金竜化・天空」はかがやき度ボーナスが200に達すると追加される注目の性能です。
戦闘中に使用すると、天空の雷氷を発動できるようになります。
天空の雷氷はデインかヒャド属性のうち攻撃対象の敵に大きなダメージを与えられる属性で威力700%の攻撃を行い、黄金竜化・天空が発動している間は武器にセットされている特技を使用すると威力が100%アップ。
最大+600%まで威力が上昇し、武器にセットされているデインとヒャド属性特技のダメージを30%上げてくれるのです。
また、武器にセットされているメインスキルのCTがMAXとなり、攻撃力も20%上がります。
ただし、戦闘毎に1度だけ使えず、3ターンが経過するか天空の雷氷を発動すると解除されるので、短期決戦や魔王級クエストでは使いどころが求められます。

スポンサーリンク

【星ドラ攻略】天空装備防具の覚醒と超覚醒した天空のつるぎについてまとめ

天空装備の防具覚醒と天空のつるぎ超覚醒のポイント

  • 天空防具は、強力な性能が実装された防具を優先的に鍛える
  • 天空のつるぎは、かがやき度ボーナスを最低でも200まで高めてから実戦配備に向け取り組む
筆者
筆者

天空装備がようやく超覚醒/覚醒し、ひと段落といった感じだね。
まずは、天空の輝水を使用して天空のつるぎから鍛えていこう!
最低でも200、欲を言えば300までは鍛えたいところ。
防具も鍛えるなら、先に天空のつるぎをある程度鍛えてからでも遅くはないですよ。

タイトルとURLをコピーしました