スポンサーリンク

ゲーム関係.関連の新職種!?e-スポーツの仕事の紹介。収入や資格・条件など。

スポンサーリンク
e-スポーツ関係
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
ひで氏

当サイト管理人。
モンストのリアルを届ける「モンスト民の唄」を中心に
おすすめスマホゲームの紹介・攻略・情報・まとめ記事を更新。
その他のオススメアプリ紹介。
e-スポーツ情報、人生の為になる雑記も更新中。

ひで氏をフォローする

e-sports業界に興味を持ち、ゲームをプレイするだけでなくゲーム業界そのものに関わりたいと感じた方のために簡単にですがe-sportsの仕事について説明していきたいと思います

e-sportsだけでなくゲーム業界に共通する点も多いのでゲーム関係の仕事を目指す方にも多少なり参考になると思います。

スポンサーリンク

e-sportsに関わる仕事の紹介

e-sportsというモノが成り立つためにはさまざまな事が必要となります。

そしてその為に、そこに関連するたくさんのプロフェッショナルな人達が、日々努力することにより少しずつ積み上げて作られています。

そんなe-sportsに関わる仕事を今回は大きく4つに分けて紹介していきます。

  • プロe-sportsプレイヤー (プロゲーマー)
  • 運営 (イベント運営・スポンサー企業・サポート関係など)
  • 解説・実況 (アナウンサー・YouTuberなど)
  • ライター (雑誌・ウェブサイトなど)

プロe-sportsプレイヤーの仕事 (プロゲーマー)

まずは、プロe-sportsプレイヤーことプロゲーマーの仕事の紹介から。

一言で言ってしまうとゲームをプレイすることにより収入を得る人の事です。

現在ではゲーム公認の公式のプロ契約もあったりと、以前に比べて表舞台での露出や活躍の場が増えたこともあり、中学生男子のなりたい職業2位にランクイン するなど人気の職種となっています。

収入面ですが、やはり大会での賞金が収入の中心となっています。他にはプロ契約の契約金、スポンサー契約の契約金。さらに、その知名度を利用し動画配信・イベント出演・解説といった仕事が多いようです。

プロのe-sportsプレイヤーになるには?

やはり一番は公式の大会で結果を出すこと。

ゲームにもさまざまなジャンルがあります。どのジャンルでチャレンジするかは自由なので自分に合うジャンルを見つける事も大切な事。

そして、そのゲーム内で圧倒的な強さを持っているのであれば、間違いなくプロのプレイヤーへの道が開けるでしょう。

他にも、YouTuberや攻略ライター・SNSでの人気や知名度からプロ契約といった話も珍しくはないと思います。

そしてもう一つは、最近増えて来ているe-sports専門学校に入り、卒業後にプロを目指し活動する方法もあります。

運営の仕事 (イベント運営・スポンサー・映像配信・プロ育成など)

次に運営の仕事についてですが、先ほどのプロのプレイヤーと違い、いろんな仕事があります。

ゲームの開発やイベント運営、映像配信から選手の育成など。わかりやすく説明するとe-sports業界の裏方の仕事となります。

プロプレイヤー的な派手さはないものの、それ以上に大切なのがこの職種で、この「運営」がなければ全てが成り立ちません。

そしてその中の一つスポンサーとして、任天堂やソニーなどのゲーム関係の企業だけでなく、ゲームとは関係のない大企業のスポンサー参加も増えています。トヨタや日清などがその例です。

また先ほども説明したe-sportsの専門学校に通う生徒でなく、学校側で働くインストラクターなども選手育成としてこの分野の仕事になると思います。

このような世間の流れから新しく生まれ始めたe-sports関係の運営の仕事。現在ではこの分野に転職しようとする人も多く競争率の高い人気の職種だと言えます。

e-sports運営側の分野で仕事につくには?

プロゲーマーとは異なり、この職種は何かしらの関連企業に就職することが大半となります。

ゲームの製作会社だったりイベント企画会社だったりスポンサー側の会社だったり等いろいろな関連企業があります。

特にゲーム制作や映像関係の仕事であるならば、企業からは即戦力での採用の希望が多く、競争率が高いこともあり、ある程度の経験やスキルが求められることも多いようです。

業界運営への転職サイトはこちら↓

未経験から最短でエンジニア転職を目指す

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

他にもゲーム業界専門転職エージェントを利用するという手もあります。詳しくは別記事にて紹介しています。

解説・実況者の仕事

主にこの職種はYouTubeなどの動画配信で攻略動画や実況プレイを行い、それに応じた報酬で収入を得る人が多いようです。他にはイベントの司会・解説・実況といった単発的な仕事のオファーを受け仕事をするといった形もあります。

もちろんですが大事な事として、解説をする以上そのゲームに対しての情報と経験は必須事項となります。

さらに単発的な仕事には、そのゲームユーザー内でそれなりの知名度・人気を兼ね備えている人物が選ばれているケースが多く、また、アナウンサーを起用する場合もあります。

解説・実況者になるには?

結論だけ言うと、他の職種に比べて簡単になる事ができます。

理由として、YouTubeなどの動画配信サービスを利用することで攻略動画や実況動画を誰でもアップすることが出来る世の中だからです。ただし、収入面まで考えると厳しい点は多いです。

誰でも参入することが出来ること・人気の職業という点から先ほど紹介した2つの職種より競争率は高く動画自体のクオリティが求められます。

現在これだけ多種多様のYouTuberが存在する中で他の配信者といかに差別化出来るかが重要になってくるのではないかと思います。

解説・実況を学ぶならこちら↓

ライターの仕事

この職種はWebや雑誌上などで記事や原稿をライティングしたり、取材などを行う仕事です。働き方として、個人で案件を受注し1文字もしくは1記事あたりに設定された単価の報酬を受けるフリーランスのライターや雑誌・Webサイトの製作会社に属するライターといった形があります。

ライターになるには?

先ほど説明したようにライターとして収入を得るには関連企業に就職するかフリーランスとして仕事を取るかになります。

企業でライターとして働くのであれば仕事に困ることはありませんが、フリーとして仕事を取る場合は企業などの単発的な案件に応募する必要があります。特に資格などは必要ないですが情報を相手にしっかりと伝える文章力や、そのジャンルに対しての知識、そして著作権に対する知識というものはライターという働き方には共通して必須事項となるでしょう。

フリーランスで案件を探すならこちら↓

e-sportsの仕事まとめ

以上e-sportsの仕事を大きく4つにまとめて紹介してきました。

オリンピックへの参入やプログラミングの義務教育化など、これから徐々に盛り上がっていくであろうこの業界。

もし転職を考えているのであれば要チェックの業界だと思います。

YouTuberやプロゲーマーといった職業が、将来なりたい職業ランキングにランクインしていることから、ゲーム好きでプロになりたい・作りたい・見せたい・盛り上げたい。そう思っている若い世代が数年後この業界になだれ込んでくるのは紛れもない事実。

だからこそ、e-sportsの仕事を狙うのならば今がチャンスなのかもしれません。

e-スポーツ関係仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひで氏をフォローする
スポンサーリンク
hideblog@D-Style
タイトルとURLをコピーしました