【Apex Legends攻略】初心者でもダブハンをとる3つのコツ!

スマホアプリゲーム攻略まとめ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

今回はApex Legends(エイペックスレジェンズ)ダブハンを取るためのポイントについて解説します。ダメージを上げるためにはさまざまなポイントがありますが。その中でも今回は3つに絞り紹介します。

Apex Legends(エイペックスレジェンズ)の基本的な情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもダブハンって

Apex Legends(エイペックスレジェンズ)には、プレイヤーの実力を示す指標としてバッチがあります。

例えば「1試合中に20キル以上する」「指定のレジェンドで100勝する」などの特定の条件を満たすと獲得できます。

そしてダブハンとは「1試合中に4000ダメージ以上とる」と獲得できるバッチです。

バッチの名称は「(レジェンド名)の怒り」なのですが、バッチにハンマーが2つ描かれていることから通称「ダブハン」と呼ばれています。

この1試合中に4000ダメージ取ることは、初心者にはなかなか難しい条件であるため、持っていれば強さの証にもなりますし、取れた時の達成感があります!

私もApex Legends(エイペックスレジェンズ)をプレイしていて、複数のレジェンドでダブハンを取れた経験から、初心者でも獲得できるコツを紹介します。

スポンサーリンク

ミドルレンジを極めろ!

ダメージを堅実に稼ぐには、ミドルレンジ(中距離)で戦うことを意識することです。

ミドルレンジで多々書くことには大きく2つの理由があります。

被ダメを抑えるため

被ダメを抑える、つまり敵から受けるダメージを抑えることが重要です。

大前提として途中で死んではいけません。

ダメージ取りたさに近距離戦に持ち込んでしまうと、自信が死ぬリスクが高まってしまうため、中距離を意識しましょう。

もちろん試合に勝つ、という意味ではとっとと敵を倒すのが鉄則ですしむしろ可能な時に敵との距離を詰めて倒すのが理想です。

ダブハンを取ることに焦点を当てるのであれば、自信が死ぬリスクを抑えて中距離でダメージを稼ぐようにしましょう!

敵に回復できる間を与えるため

敵を倒しきってしまったらダメージ量は伸びません、なので同じ敵から多くダメージ量を得るのが理想です。

しかし近距離であれば、敵に手加減しているようではこちらが負けてしまいます。

ミドルレンジであれば、敵はダメージを受けた場合回復しようと考えるのが自然です。

敵が回復している間によりいい位置に移動するとか、一気に距離を詰めて倒すことが試合にかつという意味では理想ではあります。

ダブハンと取ることに焦点を当てるなら、敵が回復したら、こちらも回復や位置取りを再確認し、ミドルレンジを維持するように努めるとよいでしょう!

スポンサーリンク

確殺をするべし!

敵を倒すとダウン状態になり、その状態から100ダメージ与えるとキルになります。

この確実にキルを取ることが大切です。

ダウン状態の敵に与えたダメージも、試合中のダメージ量に加算されるため、敵がダウンしたら積極的にキルを取りましょう!

スポンサーリンク

位置取りをマスターせよ!

ミドルレンジを極めるためには、ミドルレンジを作るための「位置取り」が重要です。

ここでいうミドルレンジは30m位が理想です。

あまり遠くても敵に攻撃を与えにくくなってしまうため、注意が必要です。

単純に敵と自信を直線で結んだ距離がミドルレンジである、だけではあまり意味がありません。

細かい位置取りは抜きにしても「敵より高い位置を取ること」だけを意識してください。

理由は大きく分けて2つありますので、細かく説明します。

敵が詰めにくいため

FPSでは高い位置にいる敵こそ戦いづらいため、高い位置をとっていればちょっとやそっとでは敵はこちらに詰めてくることはありません。

敵がこちらに詰めることができる位置にいては、近距離戦闘は避けられないため、敵より高い位置を取ることが大切です。

敵を逃がさないため

敵より高所にいれば、敵を含め広範囲で索敵できるため、敵が移動してもすぐに確認できます。

敵が移動しようとしていれば、こちらも随時位置取りを改めることを心がければ敵より高所を保てるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、初心者でもダブハンを取るための3つのコツ3を解説しました。

FPSゲームはApex Legends(エイペックスレジェンズ)が初めてという方には夢のように思えるかもしれません。

しかしコツを押さえて何度も挑戦すればいつかは獲得できるでしょう。

ぜひこの記事を参考に頑張ってみてください!応援しています!

タイトルとURLをコピーしました